電話占いのサービスは必要だと思うこと。

私は、結婚して20年ほど経つ女性です。ずっと経理関係の仕事をしてきました。

旦那とは友人の紹介で知り合い、結婚をしました。けれども、その結婚生活は

あまり楽しいものではありませんでした。

私が結婚する時に、どうしても旦那の親と同居してほしいといわれ、しぶしぶ

同居生活してきました。旦那は育児に参加しなかったので不満や悩みがありました。

私は、相談を誰にして良いのか困った時に、会社の先輩だった人に電話で愚痴を

聞いてもらっていました。その人は、話し上手な上に聞き上手な人でした。

でも、いつも私の家の愚痴が多かったのでいつしか、距離を置かれてしまうことになりました。

私は、旦那とは家庭内別居状態へとなっていきました。

そんな時、結婚前に付き合っていた彼ににアドバイスをして欲しいと思い、電話をかけてみました。

それで、何かが解決するかどうかは分かりませんでしたが。

彼は、優しく穏やかに話を聞いてくれました。私たちはいつしかご飯を食べる関係になっていきました。

私と彼は、恋人に戻ってしまったのです。私は、その時愛される喜びを取り戻した感じがしました。

でも、心の片隅では常に葛藤をしていました。

結局、私はこの恋がどうなるのか知りたくて、占いの本で見つけた占い師に電話で占ってもらうことにしました。

占い師は、女性で元気が出るようなカウンセラー的なアドバイスをくれました。

私は、友人に相談できないような内容のことは、電話占いのサービスが必要だと感じます。

それは、たとえ解決に結びつかなくても、聞くプロに任せることで、気分が楽になるからです。